ジャニオタのマイル活動期

ジャニーズ事務所のTOKIOと嵐が大好きなOLがツアーの交通費のためにマイルを貯めるブログです。

口コミよりも実体験!東横イン羽田空港はフライトが早い日に便利!

フライトが早い日ってありますよね?

そんな時はビジネスホテルに一泊するのも手だと思います。
羽田空港よりビジネスホテルに一泊して駐車場を利用してもらうほうが安いなんて裏技もあったりするようですが、今回はビジネスホテルどこにしようかな?と考えている方に向けて東横インに実際に宿泊してきたので、お部屋をレポートしたいと思います!

★スポンサーリンク★

 

駅近で前泊には便利なホテル!

今回、東横インに泊まった理由は、とにかく便利!

まず、羽田空港に近いのはもちろんなんですが、京浜急行 空港線 大鳥居駅から徒歩1分という好立地。仕事帰りや夜が遅くなっても、行きやすい場所にあります。

また、私が泊まった時は雨が降っていたのですが、駅からもすぐで、頑張れば傘を差さなくても大丈夫という感じでした。

そして、羽田空港まで朝のバス送迎の量が多いこと!

早朝は1時間に4回来てくれるので、乗りそびれることはなさそうです。

詳しい時刻表は公式サイトをご覧ください。

東横INN羽田空港1・2 バス時刻表

ホームページを拝見すると3台もしくは2台で運行されているようですね。

バスの台数が多いと維持費や人件費などがかかるので、ホテル側の負担は大きいと思ういますが、維持できるだけの利用者がいるから補えるということでしょうか。

確かに、ビジネスホテルでよく見るサラリーマンだけではなく、家族連れも多くみられました。

もう1つ、便利なのが道を挟んだ真ん前にコンビニがあるので、ごはんにも事欠きません!

★スポンサーリンク★

 

肝心の客室はどう?宿泊レポート!

お部屋はベットルームとユニットバスという、ビジネスホテルならではの作りで、お部屋には、東横インならではのダブルサイズのベットが部屋にデデーン!と鎮座しています。

 f:id:uruhamail:20170904012957j:image

ただ、羽田空港近くだということを感じたのは、ベットの下のスペース!

 f:id:uruhamail:20170904013014j:image

わかりますか?ちょっと高さが高くて、スペースがあるの。

このスペース、実は大きな荷物やスーツケースを入れるスペースだったんです!

f:id:uruhamail:20170904013855j:plain

すごい!!狭いスペースを有効活用する方法ですね。

また、ベットの足元には小さなクローゼットがあります。

 f:id:uruhamail:20170904013147j:image

ジャケットやコートをかけるのに便利ですね。

ベットの横にはデスクスペースが。

 f:id:uruhamail:20170904013209j:image

机の上には、テレビの他ドライヤーやポット、電話などがおいてあります。

 f:id:uruhamail:20170904013227j:image

また、お茶と梅こんぶ茶の粉末がありました。

女性限定アメニティ

女性はアメニティを一つ選べるのですが、今回はスキンケアをいただきました。

ホテルのスキンケアって、ブランドが分からないと使いづらいんですよね…( ˘•ω•˘ )

しかし、東横インでもらえるスキンケアは、DHCのアメニティなので安心感があります。

 f:id:uruhamail:20170904013253j:image

無料の朝食!でも早朝出発の場合は?

東横インの特徴は無料の朝食ですが、今回出発が早朝だったので朝食の開始時間には間に合いませんでした。

そのため、羽田空港でご飯を購入するつもりだったのですが、早朝出発の方用にバスケットに個包装されたパンがおいてありました。

これはとても助かります…!

ありがたく、カレーパンを頂戴し送迎バスに乗り込みました。

まとめ

早朝便は目的地に早くつけるため、時間をたくさん使えたり、名所をたくさん回ることができます。また、料金も安いことが多いので、早い時間のフライトはお得なことが多いです。

しかし、羽田空港から遠い場所に住んでいたり、早起きは辛い…なんて時に使いこなしてほしい前泊。

東横インは駅近で近くにコンビニがあったり、送迎バスも多い便利なホテルでした。

少しでも安く泊まりたい!という人は、楽天トラベルやじゃらんで予約の際に、ポイントサイトを通すと現金やマイルに変えられるポイントがたまるのでお得です。

【ツールバーが便利!】ポイントタウンに登録しよう!

家族連れや女子旅などにもおススメの東横イン羽田空港ホテル。

前泊の際は検討してみるのもいかがでしょうか?

関連記事

 

  

 

★スポンサーリンク★